MacBook Pro搭載のバタフライ式のキーボードと「Magic Keyboard」の違いはどんなものか

 Appleは最近になって革新的なキーボードを2種類も出してきております。一つは12インチのMacBookを皮切りにMacBookシリーズに搭載され始めた「バタフライ式のキーボード」。そして、もう一つはBluetooth式のコンパクトなキーボードで、従来のワイヤレスキーボードの後継モデルでもある「Magic Keyboard」。どちらも打ちやすいキーボードであることには変わりはないですが、両者には少し(というか、結構)異なるところがあります。この記事では、その差異について簡単に述べてゆくことにします。

 なお、私は第一世代のバタフライ式のキーボードを試したわけではありません(そもそも実機を触ったことがありません)。試せるのは最新機種等に搭載されている第二世代のみになります。その点、ご了承いただければと思います。

押し心地について

 まず、キーの押し心地についてですが、だいたい次のような感じになっています。

  • バタフライ式のキーボードはとにかくストロークが浅いです。慣れるまでには少々時間がかかりますが、慣れたら最小限度の力で押すのが心地よく感じられるようになる、かもしれません。
  • 「Magic Keyboard」もストロークこそ浅めだが、バタフライ式ほどではないです。強すぎず弱すぎずの感覚でキーを押せるのが実に快適。従来のキーボードに慣れている方や初めてMacに触れる方にとっては、こちらの方が扱いやすいかもしれません。

 個人的には「Magic Keyboard」の方に若干軍配が上がるかな、という程度です。本腰を入れてものを書きたいときには、できるだけこちらの方を使うようにしたいところですが、バタフライ式のキーボードでも作業は十分にやっていけるものと思います。

打鍵音について

 次に、キーを叩くときの音について考えていきます。

  • バタフライ式のキーボードは、他のサイトや記事でも言われているように、少々音が響くところがあります。ただ、気にする人は気にしますけれども、気にしない人は気にしないという程度で、特別うるさすぎるというわけではないと思います(確かにMacBook Air搭載のものよりはうるさく感じますが)。
  • 「Magic Keyboard」はバタフライ式のキーボードに比べたらわずかながらも静かなので、扱える状況にあるのなら積極的に扱ってゆくのがベターでしょう。出先での作業には向きませんが(苦笑)。

 こちらも「Magic Keyboard」の方が私にとっては好みです。どうもバタフライ式のキーボードは悪いところが少々目立つようで嫌ですね(決して悪いというわけではないのですが)。

Bluetoothキーボードならではの強み

「Magic Keyboard」はそもそもBluetoothキーボードですから、Mac専用というわけではありません。iPadでも、その気になればiPhoneでも扱うことができます(私はiPhoneで試したことはありませんが)。そして、Apple純正のキーボードである分、iPadとの相性も抜群です(以前にも同じようなことを書いた覚えがあります)。

 他社製のキーボードに搭載されているマルチペアリング機能を搭載していないのは痛いところではありますが、画面から切り離して使えたり、iPadともスムーズに連携できたりするのは、Bluetoothキーボードならではの利点と言えるでしょう。

「Magic Keyboard」は余裕があるのなら買っておいた方が良い

 結局のところ、全体的に見てバタフライ式のキーボードよりも「Magic Keyboard」の方が個人的にはオススメできるということになってしまいました。これからも末長く愛用していきたい所存でいます。10,800円(税抜)の価格は伊達ではなかったです。

 もし入手したいとなった場合、現在のiMacには標準の付属品としてついてくるので別途購入する必要はありませんが、Mac miniMacBook Proなどでも活用しようと思えば十分に活用できるので、買っておいて絶対に損はありません。個人的には、iPad Proの場合でも、純正のスマートコネクタキーボードよりはこちらの方が若干安くつきますし、打ちやすさもこちらの方が上だと思いますので、オススメしたいところではあります。

 決してバタフライ式のキーボードが使えないというわけではありませんが、「Magic Keyboard」が地味にすごいのです。もし買えるのなら、買ってしまった方が得策と言えるのではないでしょうか。

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

 ちなみに、一応「Magic Keyboard」にはテンキー付きのモデルも最近出ましたが、私はまだ買ってはおりません。価格も価格ですし、いつ入手しようか思案中でございます。