IdeaGridがアップデート記念セール中なので要点を簡単にまとめてみる

 アイデア整理用のアプリ「IdeaGrid」が本日付でアップデートされたのを記念して、ただいまセールが行われています。Mac版、iPad版、iPhone版、どのアプリも約40%オフとかなりお買い得となっていますので、値段の高さで購入を躊躇されていた方は、この機会に手をつけてみると良いかもしれませんよ。

 このアプリについては、以前にも当ブログで取り上げたことがあります。

 上の記事では欠点を中心に扱っていて、良いところについてはあまり触れてはいませんでしたが、せっかくなのでこのアプリの要点をまとめてみることにしたいと思います。

このアプリの特徴と基本的な使い方

 このアプリの一番の特徴と言いますと、アイデア(メモ)の置ける場所に制限がある、というところでしょうか。以下の画面を見てくだされば理解できるかと思いますが、あらかじめ「6×12」のマス目が用意されていて、その上にメモを置く、という形になっているのですね。このおかげで、アイデアをすっきりとした形で一望できてしまうのが良いところだと思っています。

f:id:kurogane_yama:20170630213230p:plain

 ちなみに、アイデアの「大きさ」はマス目に沿う形であればいくらでも大きくできますし、逆にいくらでも小さくできます。また、6色(と透明色)の中から好きな色を選ぶこともできます。

f:id:kurogane_yama:20170630213247p:plain

 メモの作り方は至って簡単。マス目の部分をタップするかクリックするかして、好きな領域をドラッグなどして選ぶと、以下のようにメニューが出てきます。

f:id:kurogane_yama:20170630213303p:plain

 メモは全部で4種類の中から選ぶことができます。

  • テキスト
  • 画像
  • Webページ(スナップショット付き)
  • 手描き

 ちなみに私自身はPDF資料に対応して欲しいと前から思っているのですが、まだ対応には至っていないようです。

 また、一番右のアイコンをクリックすることによって、「サブグリッド」を作成することができます。「サブグリッド」は以下のように、空のものを作成するか、もしくはテンプレートの中から選ぶことができます(テンプレートを自分で作成したいものですが、対応には至っていません)。

f:id:kurogane_yama:20170630213323p:plain

 さらに、個々のメモについて、矢印やアイコンをつけることもできます(アイコンの数は少ないですが)。

f:id:kurogane_yama:20170630213344p:plain f:id:kurogane_yama:20170630213403p:plain

 こんな感じで、自分のアイデアを広げていき、目を見張るほどの創造性を発揮させるのが、このアプリの肝となっています。単なるメモアプリとして使っているだけでは、このアプリの真価は発揮されません。

このアプリの欠点

 欠点については、冒頭に挙げた記事で取り上げているので、ここでは簡単に触れておくにとどめます。

  • 同期がシームレスでない。
  • 専用クラウドサーバで利用できる容量が思ったよりも少ない。
  • ファイルを作成する位置が指定できない。
  • UNDO機能がない。
  • iPad版・iPhone版でまとまったアイデア自体を書き出せない(スクリーンショットを撮る必要がある)。

 全体として、まだまだ荒削りな印象が強いのが残念です。今後どう進化してゆくかを見守るしかありませんかね。