ようやくiPhone 7を買ってみたら、「3D touch」に惚れてしまった

 今更ながら、iPhone 7をとうとう購入してしまいました。

 動機としてはすごく消極的なもので、今まで使っていたiPhone 5sがもはやボロボロの状態だったからなのですが、安値かつ小さいiPhone SEの方は以前から品薄状態が続いているようで、止むを得ず7の方を選択したのでした。

 SE(もしくは5s)と7の大きな違いと言えば、デバイス自体の大きさの他に、もう一つあります。皆さんご存じとは思いますが、「3D touch」を搭載しているかどうかです(SEには搭載されていません)。

 この「3D touch」という機能が思いのほか便利で、この機能を一度体験してしまったら、どうしてもっと早く7(もしくは6s)に機種変更しなかったんだろう、と後悔してしまうほどです。実際、UlyssesやOmniFocusで早速その効果を実感しており、とんでもない機能が出てきたものだな、と驚嘆を隠すことができません。

「3D touch」の具体的機能については色々なところで語り尽くされていると思うので、この場で詳細を書くというようなことはしませんが、要するにワンタッチで複雑な操作を可能にするというところにこの機能の魅力があります。OmniFocusなら簡単に新規タスクの追加ができますし、Ulyssesであれば新しいシートを追加したりシートの検索が行えたりできるのです。このようなことが以前よりも容易にできるようになったというので、使わない手はありません。

 少しでも仕事や作業を効率化させたいという方にとっては、この「3D touch」というのは大きな味方になってくれると思います。ちょっとアイデアが思い浮かんだ時などに、サッとファイルを追加して書き込むというようなこともやりやすくなっています。確かに7や6sはそれなりに値段はしますが、それだけの価値はすぐに見出せると思います。

 最後に、本当に蛇足ですが、7には従来のiPadやノートパソコン顔負けのプロセッサが搭載されているということで、4sや5sに比べますと本当に処理が早いです。操作があまりに快適に行えてしまえるので、以前のようにもたつきが感じられず、ちょっとばかり名残惜しい気分にもなります(苦笑)。