MacBook Proが欲しかったけれども、MacBook Airにしておいて良かったと思う

 先の記事で何度か申し上げているように、私は以前からMacBook Proを入手したくて仕方がなかったのですが、先日購入したのはProではなく、Airの方でした。そして、数日使ってみて、とりあえず今はAirで十分事足りるのかな、と思っている次第です。Proほどのハイスペックな環境を求めずとも、やりたいことは十分に取りかかれているくらいですからね。

 そもそも、どうしてMacBook Proを求めていたのか考えてみたのですが、一つにはやはり見栄だと思います。特に15インチのProはかなり目立ちますから、皆の注目を引くこと間違いなしです。「あいつ、大きなMacBook持ってる、羨ましい」と思われることでしょう。それに、今のMacBook Pro 15は、たとえTouch Barが搭載されていなくとも、200,000円以上もする高額商品ですから、それだけでリッチな気分にも浸れるものです。13でさえ、最低でも150,000円から200,000円は見ておかなければ入手できません。

 ところで、見栄と言いますと、もう一つ、「最新技術を追っている俺様」というものもありますね。最近のAppleの製品全体において顕著になっていると思いますが、MacBook Proについても、とかく技術のすごさがアピールされがちです。Touch Barを始めとして、2つから4つほど搭載されたUSB-Cのポート、そして最近のAppleの代名詞とも言えるRetinaディスプレイ。これらはAppleの技術の結晶ではありますが、盲目的にこれらを追いかけようとするのは、やはり見栄が関係しているのではないか、と思うのです(別にそれが悪いとは言いません。私にもそのようなところがありますし)。

 しかしながら、MacBook Proは、MacBook Airや12インチMacBookとは違い、基本的には高スペックを誇っていることが主な特徴となっているパソコンです。高スペックということは、それだけ値が張っても致し方ないということであります。そして、ここからが重要ですが、高性能のパソコンが必要なユーザでなければ、そのようなものを買っても仕方ないのですね(3Gや4G回線を使うことがまずないのにiPadのCellular付きモデルを買ってしまうことを考えてみてください)。少なくとも、あれやこれやと使いこなす自信が私にはありませんでしたから、あえて安くて済むAirを選んだのです。この選択は完全な正解とまでは言えないでしょうが、少なくとも妥当な判断だったかな、と思っています。

 私は、例えばAdobeのアプリ群(Photoshopなど)を使うことはまずありませんし、動画編集作業やゲームなどをすることもほとんどありません(昔はRPGツクールのゲームを嗜んでいたことがありますが・苦笑)。やることと言えば、Ulyssesでブログの記事や小説などを書いてみたり、DayOneで記録をつけたり、Numbersでちょちょっと表計算をやってみたり、iTunesで音楽を聴いてみたりと、本当に初歩的な部分だけになっています。CPUもメモリも、そんなに必要とはしないでしょう(とは言え、以前から持っていたMac miniのメモリが4Gで、これはさすがに少ないとは思いましたが)。将来的にバリバリ作業するようになってCPUもメモリもグレードアップしなければならないとなると話は別でしょうが、そうでなければ、MacBook Proの出る幕ではないかな、と思います。

 ですから、少なくとも今はMacBook Proに手を出したとしてもお飾り程度の存在にしかならない可能性が高く、それはそれで困ったことになります(私はMacユーザではあってもMacのコレクターではありません)。必要になればそのときに買うことにしておいて、今はMacBook Airをバリバリ使うことを考えた方が良いのではないか、と思っている次第です。先ほども書いたように、Airでもだいたいの作業はストレスを感じることなく十分快適にできますしね。