いつの間にかMicrosoftのエルゴノミクスキーボードにBluetooth版が出ていた模様

 私自身存在を知らなかったのですが、いつの間にやら、Microsoftのエルゴノミクスキーボードシリーズに、新たにBluetooth版が出ていたようです。Amazon.co.jpでは日本語版と英語版を購入することができます。

 今回変更になった点としては、キーボードの素材や色が刷新されたのと(名前からSurfaceシリーズを意識したものになっているのでしょう)、キー配置が微妙に変更になっていることですね(従来の配置に近いものになっています)。また、従来品はテンキーは別途用意されていたのが、このキーボードにおいてはくっついている仕様になっています。特に印象的なのがEnterキーの小ささというところで、Enterキーは大きくないといけないと思っている方にとっては少々使いづらさを感じるのではないでしょうか。

 いずれにせよ、エルゴノミクスキーボードにBluetooth版が出たこと自体は歓迎すべきことですが、欠点を挙げるとすれば、相変わらず大きく持ち運びに大変不便なことと、あとは値段がテンキー付きMagic Keyboard並に高いというところでしょうか。デスクトップパソコンを使用している方には十分に割に合うかもしれませんが、ノートパソコンをメインに使っていらっしゃる方は、無理に買わなくても良いかもしれません。

 あとは、Macにどれほど対応しているか気にかかるところではあるのですが、Microsoftによれば、互換性があるのはSurface Pro 4Surface Bookと言っているので、Macでの利用は難しいと考えた方が良さそうです(それどころか普通のWindows搭載パソコンでも使えるかどうか微妙そうですが)。Macでもエルゴノミクスキーボードがまともに使えたら良いんですけどね。