テンキー付きの「Magic Keyboard」が登場したことについて

 先日行われた「WWDC17」の後に、Apple Storeのアクセサリ売り場にも様々な新商品が追加されたのですが、その中にテンキー付きの「Magic Keyboard」も登場いたしました。お値段なんと13,800円(税抜)。従来の「Magic Keyboard」が10,800円(税抜)ですから、テンキー+αで3,000円の追加となります。また、有線式のキーボードはなんと廃盤となってしまったようですが(買っておいて本当に良かった)、およそ5,600円(税込)だったと思います。それを考えると、この新しい「Magic Keyboard」は相当に高い買い物になりそうです。

 Appleは有線式キーボードの廃盤に加えて新しい「Magic Keyboard」を登場させたことから、以前よりもさらに無線化を推進しているかのようです。まあ、現行モデルの「MacBook Pro」や12インチ型「MacBook」、あるいは「iMac」には、「USB 3.0」のポートはありませんから、このような流れはAppleとしては何の不思議もないように思えます。

 無線キーボードは確かに便利です。私も従来の「Magic Keyboard」で文章を書くときがあるのですが、キータッチの快適さはともかく、線がない分置き場所を選ぶことがないというのが、実に快適なのです。どこに動かそうがどこに置こうが、その人の自由ということにもなってきますからね。有線キーボードだと、どうしても線の届くところまでしか離すことができず、時には不便を感じることもあります。

 ただ、一方で、有線キーボードにも利点はあります。安いことです。これはもう、Appleのキーボードの価格を見比べていただければお分かりの通りでしょう。他のメーカーでも、だいたい同じような傾向があると思います。接続形式がBluetoothだろうがアダプタ接続の無線式だろうが、有線のキーボードに比べると少々値段が高いです。

 なので、私としましては、Appleにはせめて有線式の純正キーボードを残して欲しかったな、というのが一つ。まあ、「USB 3.0」(もしくは「USB 2.0」)の使える機器が減ってきている以上、どこで使うんだよ、というようなツッコミはあり得そうですが、それでも「Mac mini」や「MacBook Air」、あるいは旧式の「MacBook Pro」などを使用している人はまだまだいるもので、そういう人たちのために選択肢を確保して欲しかった、というのはあります。せめて「Mac mini」や「MacBook Air」が廃盤になるか大型刷新するかしないと、私は有線キーボードの廃盤には納得できません(とは言え、「Mac mini」も「MacBook Air」も刷新されないままになっているようですし、さらには11.6インチ型の「MacBook Air」はすでに廃盤になっていますから、Appleとしては放置プレイしたいのでしょうかねえ……)。

 また、テンキー付き「Magic Keyboard」についてですけれども、やはり値段の高さは目につきます。MatiasというサードパーティメーカーからBluetooth式のMac用フルサイズキーボードが出ているのですが、そちらの方がAmazon価格で約10,000円(税込)と、税金のことも考えるとおよそ5,000円も安いという始末です(キータッチの快適さやキー配列の違いはともかくとして)。

 この新型「Magic Keyboard」は13,800円(税抜)という値段ですが、例えばの話、Microsoftの無線キーボードの最高級モデル「Sculpt Ergonomic Keyboard」はAmazonで6,000円くらいで買えてしまうので、値段の違いが歴然として見てとれます。さすがに東プレの「Realforce」と比べると少々値が落ちますが、それでも高級キーボードの一つに数えられるくらいの値段にはなっています。従来の「Magic Keyboard」でさえ10,800円(税抜)と高いものであったのですが、今回の新しい「Magic Keyboard」はさらに手を出しづらい代物になっています。今後、Appleの純正キーボードは高額化の一途をたどるのでしょうか。それだったら、普通の人にはさらに手を出しづらいツールになってしまいかねないと思うのですが……。

 昨日付の記事でも書いた通り、Macはどちらかと言えばブランド志向の強いパソコンであることに間違いはないのですが、その志向が本当に強まってくると、将来的には物好きのための機器になってしまいかねません(というか、ちまたでにわかに噂されている最新型のiPhoneがそうなっていると思います)。

 ともあれ、Macは今後、どういう道を辿るのでしょうか。陰ながら見守っていきたいところです。

(ちなみに、有線式マウスもしれっと廃盤にされていますが、今回は細かく触れないことにします)