アイデア作成用アプリ「IdeaGrid」が惜しかった一点について

 アイデアを作ったり広げたりするためのMaciOS用アプリ「IdeaGrid」ですが、このアプリ、「敢えてマンダラート風な制約を加える」という着眼点は非常に素晴らしいものでありながらも、色々と荒削りな感も多く、常用するにはちょっと足らないな、と思うこともしばしばありました。

 どこがどう荒削りなのかは挙げればきりがないのですが、とりあえず、少なくとも一つ、非常に惜しいことがあります。それは何かと言いますと、ファイルの管理方法が中途半端であって、扱いに難しいという点です。具体的に言うと、アプリ専用のファイルを作成するわけでも、クラウドストレージ等に直接ファイルを保存するわけでもない、ということですね。

 例えばの話、マインドマップ作成用アプリ「iThoughts」(Mac版では「iThoughtsX」)の場合ですと、アプリ独自のファイルを作成した上で、保存場所が自由に選べるようになっています。ただ、iOS端末と同期するためにはiCloudでの保存が必須となってくるのですが、別に同期が必要なければローカル領域に保存することもできるのですね。あるいはMac上で「書類」フォルダやDropboxに移動させたって良いわけです。

 もう一つ例をあげましょう。かの有名なEvernoteは、使用したことのある方ならすぐにお分かりくださると思うのですが、他のどの領域の手助けも借りず、独自のクラウド領域にファイルやメモ等を全て保存してしまう、という形式をとっています。そのため、ダウンロードという手間はかかりますが、ファイルの保存場所としては非常に明快です。このようなタイプの保存のやり方は、他にもThingsやTodoistなど、ToDo管理系アプリで採用されていることが多いですね。あるいは、クラウドストレージとしてiCloudを採用している場合でも、UlyssesやBearは全てiCloudに放り込むタイプになっています(UlyssesはMac版ではローカル領域にも保存できますが)。

 さて、IdeaGridのファイル管理形式はどうなっているか。iPad版やiPhone版だと、独自のローカル領域に保存されているので確かめようがないのですが、少なくともMac版では全貌が簡単に分かるようになっています。と言いますのも、Mac版においては「書類」フォルダに勝手に独自のフォルダを作成して、必要なファイルをまとめて放り込む形式になっているからなのですね。独自のファイルを自由に作れるのではないところがミソで、このやり方、非常にまずいと思うのです。

 IdeaGridは、先ほど述べた独自のフォルダの中にさらに「ブック」管理用のフォルダを作り、テキストや設定項目が書き込まれたJSONファイルやら、画像ピース等に取り込まれた画像ファイルやらを次々と生成していきます。独自ファイルにひとかたまりという形で生成することなど、一切やりません。もっとも、こういうやり方をクラウド領域上でやるのでしたら多少は良いのでしょうが、行う場所が悪すぎます。特に、macOSがSierraの場合、「書類」フォルダはiCloud上に移動させることが可能ですから、このときは意図せずにガンガン通信を行ってしまうことにつながります(さすがにアプリ作者はこのことは想定外だったでしょうが)。そうでなくても、「書類」フォルダは貴重なローカル領域の一部分として活用されている方もおられると思いますので、余計なファイルを作らないで欲しい、というのが心情としてありうると思います。

 そうではなく、例えば独自のファイルを作れるようにしたら、DropboxでもiCloudでもどこでもファイルを置けるようになるわけで、これは大きなプラスになるのでは無いかと思います。現状のように、Dropboxへのリンクを介してわけのわからない圧縮ファイルをバックアップとして作らされるのは、お世辞にもあまりスマートとは言えません(バックアップについては、Ulyssesが自動的なものを非常に上手にやってくれますので、良いお手本になるでしょう)。

 逆に、クラウドストレージに全て保存するとなると、アプリの特性上、容量の問題は絶対に出てくると思います。なので、予算的にもちょっと厳しいところはあるでしょう。しかしながら、もし実現できるとするならば、IdeaGridというアプリを用いた共同作業はぐんとやりやすくなるに違いありません(EvernoteDropbox等の後追いという印象は否めませんが)。そもそも、アイデアを出したり広げたりするのは一人でやる以外にも、複数人でやるといったことも考えられます。IdeaGridでのアイデア共有、面白そうだと思いませんか。

 ともあれ、現時点ではファイル管理がややこしく、従って同期もしづらいシステムになっている以上、依然として使いにくいアプリであることには間違いありません。こう言う点をどう解消してくるか、今後の展開に注目してみたいと思います。