いくら不便でも私がUlyssesを使う理由

Ulysses

Ulysses

  • Ulysses GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • ¥5,400

Ulysses

Ulysses

  • Ulysses GmbH & Co. KG
  • 仕事効率化
  • ¥3,000

 Ulyssesと言えば、MaciPadiPhoneで定番とも言える執筆用アプリです。特にMac App Storeにおいては幾度となく推されているもので、Macユーザであれば一度は目にしたことがあるかと思います。

 ただ、Ulyssesは決して全てのシーンにおいて使いやすいとは言えません。かの有名なScrivenerで搭載されている数多くの機能がUlyssesにもあるというわけではないですし、ファイル管理機能ですらEvernoteに毛が生えた程度になっています。簡単なメモをとるにも時間がかかるもので、そうしたいならむしろiA WriterやBearを使った方が手っ取り早いでしょう。特にBearはUlyssesにはない機能が少なからず搭載されていて、非常に魅力的なアプリだと思います。いずれにせよ、Ulyssesは痒い所に手が届きそうで、なかなか届かない、言ってみれば器用貧乏という風な印象があります。

 それでも、私はあえてUlyssesを使い続けていこうと思っていますし、現にそうしています。それは、決して苦行をしたいからではありません。ScrivenerやBearなどには見られない、Ulyssesならではの利点があるからです。

 Ulyssesの最大の武器と言えば、「書く」という行為に没頭できるように機能的に特化されている、という点です。少なくとも執筆機能において気を散らすようなものは見受けられません。これこそ、私がUlyssesを使い続けている一番の理由でございます。

 具体的にどういうことかと言いますと、Ulyssesはプレーンテキスト形式しか扱えません。さらに、物を書いている最中は余計なものが表示されないようになっているのですね(設定で若干変えることはできますが、基本的にはそのようになっています)。必要最小限の道具でもって文章を書いているという感覚を味わえます。一方で、他のアプリと違い、あれやこれやと道具を投入することはほぼ不可能です。

 私はひとまず文字という形に残すことができれば良いと思っていますので、ScrivenerやOmniOutlinerで見られるリッチテキスト形式は、はっきり言って煩わしいと感じています。とりわけScrivenerはMS Wordと違ってなかなか融通がきかないようになっており(逆に言えば、昨今のMS Wordはかなり使いやすくなっていると思います)、テキストを書いてゆく上でかなり厄介に感じられるのです。Ulyssesではそういう心配は一切無用です。ただひたすらに書いていければ、それで良いのです。

 但し、Ulyssesにできるのは「文章を書く」というところまでです。書いたものをPDFやMS Word形式などへ出力することはできますが、デザインがどれもこれも日本向けではなく(元が外国製だから仕方ないですけれども)、お世辞にも素晴らしいとは言えません。なので、特に長文を整形しようと思ったら、必要に応じてMS Wordや一太郎などに直接コピペするしかないのが辛いところです(一応プレーンテキスト形式への出力もできますが、使うことはあまりないでしょう)。

 ところで、Ulyssesに一番近い感覚で書けるものと言えばiA Writerでしょうが、どちらを選べば良いかは、正直に申し上げて、非常に難しいです。こればかりは好みの問題と言わざるを得ません。確かに採用されている記法はiA Writerの方が豊富だと思います(Ulyssesはテーブルやタスクを記述できません)。一方で、見た目を間接的に編集できるのはUlyssesの方が上です(iA Writerはフォントや行間が固定されてしまっています)。その他にも機能的に色々と違いがありますから、実際に両者ともに使ってみるしかない、というのが実情ですね。

 何はともあれ、Ulyssesは「まずは文章を一つや二つ書いていきたい。話はそれからだ」という考え方の人にはうってつけのツールだと考えています。これこそがこのアプリの肝となる部分でしょうし、書くことそのものが好きな私にとっては、大きな魅力のように感じられてくるのです。