私には「Magic TrackPad 2」はどうやら使いこなせそうにはない

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A

 実を言うと、Apple純正のトラックパッド「Magic TrackPad 2」を購入してからおよそ4ヶ月くらいが経っています。ですが、最近はもっぱら無線マウスに切り替えており、「Magic TrackPad 2」は全然使っておりません。やはり、私にはトラックパッドよりもマウスの方が合っているように思うのです。

 ここで理由をああだこうだと申し上げることもできるのですが、トラックパッドとて道具ですから、人によっては合っている方もいらっしゃるでしょうし、私のように合わない人もいる、というだけの話で落ち着くような気がします。なので、この際、取り立てて問題にすべきではないように思います。

 ただ、この「Magic TrackPad2」の長所と短所については書いておくべきでしょう。簡単に以下にまとめておくことにします。

長所

  • マウスと比べて、あまりスペースを取らない。
  • マウスよりも複雑な操作がワンタッチでできる。
  • バッテリーが比較的長持ちしやすい(使用頻度にもよりますが、一ヶ月くらいは持つと思います)。

短所

  • いちいちトラックパッド上に手を置いて指を滑らせなければいけない。マウスだと持って動かすだけなので操作が楽チン。
  • 操作の種類が多くて、どういうやり方で指を用意すれば良いのか分からないことがある。また、そのために誤って意図しない別の操作をしてしまうことがある。

マウスと「Magic TrackPad」、どちらをとるべきか

 これはもう人によって変わってくると思います。(難しい言い方になりますが)ポインティングデバイスに何を求めているかによるでしょう。

 一つの機器で複雑な操作までカバーしたい方は「Magic TrackPad 2」で十分やっていけますが、シンプルさを求めたいのでしたら普通のマウスで構わないでしょう。「Magic TrackPad 2」の価格はおよそ10,000円と高いですので、無理に急いで手をつける必要はないように思います。

 今回、私はどうしてもマウスのシンプルさが恋しくなったのでマウスを選び直すことにしました。結局、無駄遣いにしかならなかったような気もしますけれども、これも致し方ないと割り切って、今ある環境を大切にしていかないといけないな、と思った次第でございます。