iPadの執筆環境について

 私はここ最近はもっぱらiPadで文章を書いています。MacWindowsを使うことはほとんどありません。一応、MacBookSurface Proが欲しいとは考えてはいるのですが、正直のところ、文章をみっちり書くだけのためにわざわざ高額なパソコンに手を出すのもどうかな、とも思っている次第です(iPadも十分高額ですが)。今持っているMac miniLenovoのノートパソコンもiPadほど使いこなしているとは言い難いですし、ね。

 そこで、この記事ではiPadで文章を書くということについて考えていきたいと思います。

なぜiPadなのか

 まず、私がiPadでの執筆にこだわる理由について書いていきます。

 iPadの特徴としてよく挙げられるのは、小さいこと、軽いこと、薄いことなどでしょうが、このような特徴を兼ね備えたノートパソコンも続々と出てきているので(そもそもAppleからもMacBookMacBook Airが出ています)、昨今では特に目立っているとは言い難いところがあります。

 ファイル管理方式についても、MacWindowsに搭載されているような従来の一括管理形式ではなく、アプリごとに使用ファイルが割り当てられているものとなっています。この辺り、モバイル向けではなくデスクトップと同等のOSを搭載しているSurface Proとは一線を画しており、人によっては馴染めないところがあるかもしれません。

 それでも、私からすれば、そうだからこそiPadを使いたいのです。アプリさえ開いてしまえば、書きたいものにすぐにアクセスできる環境こそが素晴らしいと思います。目的のファイルを開くために余計な操作をする必要などありません。ウィンドウも基本的には一つのみ(場合によっては二つ)ですから、他のウィンドウに気を取られるといったことはありません(ただし、プッシュ通知機能という厄介なものはありますが)。

 それに、iPadに限らず、タブレット端末は常時起動させておくのが基本だと思いますが、そのために書きたいときにすぐ書けるのも魅力だと思います。従来型のパソコンのように長い起動時間に煩わされることなどないのです。

 以上のことから、私はiPadを執筆用として使っています。ただし、特性上あまり込み入った操作はできません。あくまでも書くという行為に専念したいときに使うべきものだと思います。

執筆用アプリ

 アプリの選定は重要です。自分にとって良いものを使わないと、書くという行為そのものが嫌になってくることでしょう。昨今はそれなりに良いアプリがだいたい揃っていますが、万人にとって良いものというのはなかなかないと思います。だからこそ、様々なブログを見たり実際に使ってみたりして、自分に合っているものを選び抜くことが大切になってきます。

 私の使っている執筆用アプリは何かと言いますと、「Ulysses」です。アプリの中でも群を抜くほどの高額なものですが(iOS版だけで3,000円もします)、価格相応と言うべきほどの使いやすさを誇っていると思います。他のアプリ(「iA Writer」や「Scrivener」など)に手をつけていた時期もありましたけれども、結局はこの「Ulysses」に幾度となく戻ってきています。

Ulysses

Ulysses

  • The Soulmen GbR
  • 仕事効率化
  • ¥3,000

「Ulysses」の詳細については他の記事に譲るとして、主な特徴だけ以下に挙げておきます。

  • Markdownをベースとしたプレーンテキスト方式
  • 見え方(行間の度合いや一行あたりの文字数など)を自由自在に編集できる
  • 執筆中は他の要素が一切表示されない
  • 自動バックアップ機能が標準で搭載されている
  • iCloudによりiPhoneiPadMacとの間でシームレスな同期が可能(Dropboxを通じてWindowsとも同期ができる)

 ちなみに、ただ「書く」という点に関して見れば、「Ulysses」はMac版よりもiOS版の方が執筆しやすいのではないかと思います。というのも、Mac版ではファイル一覧などを画面から消すのに一手間かかりますが、iOS版ではそんなことを気にする必要もなく、一覧の方から勝手に消えてくれるからです。

外部キーボード

 本格的な執筆を行う上では外部キーボードは必須だと思います。ソフトウェアキーボードでも執筆ができないことはないのですが、画面が大きく覆われる上に、いちいちiPadを何度もタッチするのが非常に面倒で仕方がありません。使えるのならハードウェアを使った方が良いでしょう。

 iPad用のキーボードは色々出ていますが、私が使っているのは、Apple純正の「Magic Keyboard」です。Mac用としても使えますが(と言うよりそちらがメインかと思います)、iPad向けにも最適化されており、これを超えるiPad用のキーボードはないと思っています。

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A

 この「Magic Keyboard」の主だった特徴は以下の3点です。

  • 日本語版(JIS形式)でも問題なく使える
  • 「英数キー」「かなキー」により入力モードをワンタッチで変更可能
  • バッテリーが長持ちする(ウィジェットにてバッテリー残量が確認可能)

 以上の他にはあまり目立った特徴はないのですが(マルチペアリングもできません)、それでも十分すぎるほどの能力を発揮してくれます。タイプもそれなりにやりやすく、申し分のない一品だと思います。

終わりに

 Apple製品ユーザの中でも、執筆をMacBookで行うかiPadで行うか、あるいはiPhoneでやるのかは意見の分かれるところでしょう。私はiPadの利点を活かして執筆を続けていきたいと思っているのですが、人によってはMacBook Proでないとやってはいられないでしょうし、フリック入力で何でも済ませてしまうことも十分にあり得ます。

 ただ、iPadでの執筆はなかなか良いものなのではないかと思い、そういう人たちに向けてこの記事を書いた次第です。わざわざMacBookSurface Proに手をつけなくても、だいたいのことはiPadで十分やっていけるでしょう。無論、同人誌を作ろうとなると話が違ってきますが。