読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterやめました

 去年の暮れ頃に、Twitterのアカウントを抹消しました。たぶん、もう二度と戻ることはないと思います。

 なぜそういうことをしたのかと言えば、少なくとも私にとってはTwitterが面白くなくなったから、なのですね。それに加えて、Twitterを閲覧していても時間と労力の無駄であるように思えてきたのです。

 Twitterでつぶやくネタを考えるくらいなら、Twitterをやらずに本を読んだりDVDや映画を見たりする方がましなのではないかな、と思わざるを得ません。そちらの方が、おそらくは創作のネタの足しになるでしょうし、気晴らしにもちょうど良いのではないかと思っております。

 それに、曲がりなりにも同人活動をやっている身でありますから、Twitterであることないこと書くよりは、少しでも創作活動に時間を割いたり、自分の好きな作品について思いを巡らしたりする方が、理にかなっているのではないでしょうか。

 どうも、Twitterを見ていると、創作活動に真に打ち込みたいというよりは、創作をダシにして交流したいだけの人が目立っています(恥ずかしながら、私もその一人だったと認めなければいけません)。Twitterで受ける作品も、作品の質そのものよりも、むしろネタの即興的な面白さの方が重要視されるように思います。これでは創作活動もクソもあったものではないです。向上心なんていうものはなくなってしまいますし、刹那的にしか物事を考えられなくなってしまいます。これがTwitterのあまりよろしくないところです。

 私は創作に打ち込むことこそが同人活動を続けてゆく上で重要だと考えております。交流なんて、やっても良いけど、別にやらなくても良い性質のものです。ただ、交流なしで同人活動をやってゆくには、現実がうまくいってなければいけないので、まずは現実の方を良くできれば良いかな、と思っている節はあります。

 話がちょっと逸れましたが、Twitterも別にやっても良いけど、やらなくても良い類のものだと思っています。少なくとも同人活動を続けてゆく上では、私にとっては必要のないものです。それよりは、創作の糧になるものを集めて回った方が良いと思います。